ありがとうのきもち。

個展を観に来てくださったみなさま

心のどこかで応援してくれていたみなさまも、ありがとうございました。

2年前に頭の中で描いていたことが、なんとかカタチとして吐き出せたなぁというのが素直な感想です。

あの場所を活用したというか、あの場所に助けられたというか。 『糸結び』というタイトル通り、旧移住斡旋所である海外移住と文化の交流センターの建物や資料室全体と糸で繋がっているような展示でもありました。

だから、なんの解説もなしに、ただあの展示を観ただけでは読み取りにくかったかもしれません。 でも、全てを伝えたかったわけでもないし、好きなように見ていただきたい展示でもあったので、色んな意見は素直に受け止めつつも、あの展示は、現段階でのベストな状態です。

みなさんから返ってくる言葉一つひとつが、とても興味深く、どんな言葉もとても楽しく受け止められました。

本当にありがとうございました。

今回、初の試みで動画も含めましたが、制作の最中に気付くことがいっぱいあり、なんだか感慨深い作業でした。

でも、あれ全部ちゃんと見た人って数えるほどしかいないんじゃないかな…?

タイトルと時間を付けようと思ってたのに最後まですっかり忘れてて、最終日の記録撮影の時に初めて気づきました(笑)

もう、プライベートがそれどころじゃなかったです(苦笑)

あの場所でしか成り立たない展示方法やセレクトだったので、

今後の課題も山積みな気もしますが、ひとつずつ、クリアにしていきたいな。

今回、C.A.Pで展示ができたことは、本当に意味があり、同時にとても光栄なことでした。 下田さん、高橋さん、松田さん、CBKのみなさん、日伯協会の方々さん、撮影に協力してくださった現地のみなさま、

制作中に支えてくれた図書館のみんなにも、心の底から感謝でしかないです。

本当にありがとうございました!!

ひとまず、今年はブックを作ることを目標に。

次は東京で展示がしたいなぁ。

タグ:

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright (c) 2020 ueno yuri All Rights Reserved.

  • Twitterアイコン
  • Facebookアイコン
  • Instagramアイコン